最近の投稿

事業復活支援金※速報

https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/index.html

summary

jigyo_fukkatsu1

https://www.chusho.meti.go.jp/corona/2021/download/20211119_02.pdf

給付額

2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上減少率に応じて、5か月分(11~3月)の売上減少額を基準に算定した金額 を給付

種別年間売上高減収率50%減収率30%
法人5億円以上250万円150万円
法人5億円未満~1億円以上150万円90万円
法人1億円未満100万円60万円
個人事業主50万円30万円

時間外労働の上限規制 わかりやすい解説(36協定)

0007084081

36協定

建物更生共済契約に係る課税関係

甲は、乙所有の建物の共済を目的とする建物更生共済に加入し、掛金を負担していました。
 甲又は乙について相続が開始した場合、建物更生共済契約に関する相続税の課税関係はどのようになりますか。
[契約関係]
共済契約者(掛金負担者) :甲(長男)
被共済者 (建物所有者) :乙(父)
満期共済金受取人 :甲

共済契約者甲について相続が開始した場合には、建物更生共済契約の約款によれば、共済契約者の相続人に契約が承継されることとなっていることから、建物更生共済契約に関する権利が甲の本来の相続財産として相続税の課税対象となり、その評価額は、相続開始時における解約返戻金相当額となります。
 また、乙について相続が開始した場合、当該共済契約に関して相続税の課税対象となるものはありません。
 なお、満期時に取得する満期共済金は、満期共済金受取人の一時所得の課税対象となります。

https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/sozoku/03/05.htm

カレンダー

PAGE TOP
MENU